静岡県西部遠江三十三観音霊場保存会の公式ホームページです

第六番	篠谷山 岩松寺

  • 第六番	篠谷山 岩松寺
  • 第六番	篠谷山 岩松寺
  • 第六番	篠谷山 岩松寺
  • 第六番	篠谷山 岩松寺
第六番	篠谷山 岩松寺 第六番	篠谷山 岩松寺 第六番	篠谷山 岩松寺 第六番	篠谷山 岩松寺
宗派
真言宗
ご本尊
聖観世音菩薩(白檀・95cm・立像・伝行基作・平安中期)
創建
神亀2年(725)
開基
行基
所在地
静岡県袋井市浅羽3598
TEL
0538-23-5351
開帳
60年毎

■御詠歌

「ささ谷や岩に松風おとづれて すなわちみてら浄土なるらん」

■岩松寺 縁起

 岩松寺は、高野山理性院の末寺。神亀年間の創立と伝えられている。山岳仏教の流れを汲み、最盛期には、30の僧坊があったといわれる。慶安元年(1648)2月に24石の御朱印を受けている。
 本堂観音堂は、正徳3年(1713)再建。元々は芽葺きであったが、明治になり、現在の瓦に葺き替えた。
 また、行者堂には役の行者、地蔵堂には子安地蔵、大師堂に弘法大師(石造り)を祀っている。
 本坊、客殿の本尊は不動明王(平安末期)を祀っている。永禄年間の兵火、寛文年間(1661頃)の失火などのため記録が失われたのが惜しまれる。
 寺に伝わる「鰐口」には「東金谷・秀時作、大永2年(1522)4月17日」の銘があり、県の指定文化財となっている。

第七番	福聚山	慈眼寺

  • 第七番	福聚山	慈眼寺
  • 第七番	福聚山	慈眼寺
  • 第七番	福聚山	慈眼寺
  • 第七番	福聚山	慈眼寺
第七番	福聚山	慈眼寺 第七番	福聚山	慈眼寺 第七番	福聚山	慈眼寺 第七番	福聚山	慈眼寺
宗派
曹洞宗
ご本尊
聖観世音菩薩(木造・立像・75cm・伝行基作)
創建
元弘年間(1331~33)
開基
慈眼寺殿精忠時国大居士(俗名:堀江新右衛門中務大輔時国)
所在地
静岡県袋井市掛之上8-2
TEL
0538-42-2540
開帳
33年毎正月18日初観音、大般若大祈祷会を厳修

■御詠歌

慈眼(じげん)してみちびきたまえ(のり)の道 ただひとすじにたのむ観音」

■慈眼寺 縁起

 創建時は山名軍笠西村高部(現袋井市高尾町袋井駅付近)にあった。当時は那智山観音堂と号し、天台宗であった。
 この地に後醍醐天皇の皇子が行堂を建てて住まわれた。皇子は、正平7年(1352) 病を得、10年に没した。その従者堀江新右衛門時国が、皇子の逝去を嘆いて観音堂を建立したと伝えられている。寺には、その辞世が残されている。「しるは潟磯の高部による浪のあはれうき世をうみのはて哉」
 その後時国の子孫、政久氏が元和年間(1615~23)に再建。禅僧観補黁察和尚に請うて開山とし現在の寺号に改めた。
 延宝3年(1675)焼失したが再建。安政の大地震(1854)による大破、大修理。明治34年(1901)現在地に移転。昭和19年(1944)の大地震後大修理。昭和55 年(1980)、創建650年を記念事業として本堂新築。

第八番	月見山	観正寺

  • 第八番	月見山	観正寺
  • 第八番	月見山	観正寺
  • 第八番	月見山	観正寺
  • 第八番	月見山	観正寺
第八番	月見山	観正寺 第八番	月見山	観正寺 第八番	月見山	観正寺 第八番	月見山	観正寺
宗派
曹洞宗
ご本尊
六観世音菩薩
創建
不詳
開基
不詳
所在地
静岡県袋井市下山梨267
TEL
0538-48-7131(管理者 袋井市下山梨524 成道寺)
開帳
33年毎(次回2017年)

■御詠歌

幾度(いくたび)も参る功徳(くどく)のたまりぶち 浮かぶ救世(ぐぜい)舟寄(ふなよ)せの松」

■観正寺 縁起

 この寺の寺号は「月見山」だが、この由縁について、『掛川誌稿』によると、周智郡には、上山梨、中山梨、下山梨の三村があってその隣に豊田郡沖山梨もある。
 この四村は平安期には「山名郷」に属している。この山梨一帯より南側には 山がまったく無く、まさに山無しの地域であって、古い地図には「月見里」と 書いて「山なし」と読ませているという。「月見山」の寺号はこれによると考えられる。
 上山梨の「正福寺」には橘逸勢が遠江に流された時の歌「古里も今ははるか に遠江月はくまなし山なしの里」が残されているという。
 本尊の六観音というのは、守り本尊十一面観世音菩薩、聖観音、如意輪観音、 千手観音、馬頭観音、不空羂索観音の六観音、他にもう一体、准胝観音が加わっている。

第九番	岩室山	清瀧寺

  • 第九番	岩室山	清瀧寺
  • 第九番	岩室山	清瀧寺
  • 第九番	岩室山	清瀧寺
  • 第九番	岩室山	清瀧寺
第九番	岩室山	清瀧寺 第九番	岩室山	清瀧寺 第九番	岩室山	清瀧寺 第九番	岩室山	清瀧寺
宗派
真言宗
ご本尊
聖観世音菩薩(木造・立像・105cm・平安後期の作)
創建
平安期
開基
伝・弘法大師
所在地
静岡県磐田市岩室227
TEL
0539-62-3723(管理者 磐田市岩室115-1 佐野邦雄)
開帳
毎年二月初午に例祭開帳

■御詠歌

岩室(いわむろ)のこけの細道踏み分けて 参る心は浄土なるらん」

■清瀧寺 縁起

 平安時代、空海により真言密教が伝えられると、全国各地に山岳寺院が造営されることとなった。その時代に、この地岩室に大寺院が造られたと考えられ ている。それは、この観音堂を中心に大礎石が並ぶお堂や石段があり、また布目瓦や土器などが多数出土、さらに北谷土中より大日如来頭部(約120cm)と仏 像二体(立像150cm)が発掘されていることなどからも明らかだ(これらは豊岡 村の指定文化財となっている)。しかし、戦国時代の織田信長によって、この寺院は観音堂を残して村落もろとも焼き尽くされたという。
 またこの岩室一帯には、当時を物語る地名や墓石銘なども残されている他、弘法大師に関する伝説もいくつかある。

第十番 八形山	安住院	蓮華寺

  • 第十番 八形山	安住院	蓮華寺
  • 第十番 八形山	安住院	蓮華寺
  • 第十番 八形山	安住院	蓮華寺
  • 第十番 八形山	安住院	蓮華寺
第十番 八形山	安住院	蓮華寺 第十番 八形山	安住院	蓮華寺 第十番 八形山	安住院	蓮華寺 第十番 八形山	安住院	蓮華寺
宗派
天台宗
ご本尊
聖観世音菩薩(木造・立像・70cm・伝慈覚大師作・伝天長8年作)
創建
慶雲元年(704)
開基
文武天皇勅願 行基上人開創
所在地
静岡県周智郡森町2144
TEL
0538-85-5374
開帳
60年毎

■御詠歌

「はちすばやなにあふ寺の(のり)の声 雲ゐにひびく入相(いりあい)(かね)

■蓮華寺 縁起

 文武天皇の勅願によって創建。開基は行基上人。東海道における法相宗本山 として一里四方の寺領を誇った。寺記によれば、八形山には36坊の諸堂があり、学問寺として栄えた。天長8年(831)慈覚大師円仁が在住したとあって、その格式がしのばれる。裏山には両師供養の五輪塔が立っている。
 戦国時代、今川、徳川、武田の戦火に焼かれ全山が灰となった。
 寺の文化財記念館(平成15年、開創1300年を記念して開館)には、天台大師像(県指定文化財)木喰上人の刻んだ子安地蔵尊像(132cm)、今川義元の寄進状、徳川家康の朱印箱などが多数展示されている。墓地には、戦国時代の墓も見られる。