静岡県西部遠江三十三観音霊場保存会の公式ホームページです

気まぐれな巡礼案内➂

投稿日:2016/10/28 カテゴリー:瀧生山 永寳寺内慈眼寺

今回は来年(平成29年4月)にお開帳を控えた20番大原子観音寺です。 寺伝等は「霊場のご案内」をご覧ください。

観音寺境内の西南側に変わった字体の「南無阿弥陀仏」石碑が据えられています。揮毫者「徳本上人(行者)」について案内します。

九州宮崎県の山伏、野田成亮(のだせいりょう)が1812年から1818年の6年2ヶ月にわたる日記「日本9峰修行日記」が残されています。この中で1818年4月から和歌山県を回り「徳本」について記しています。現代風に言えば、東京で活躍している徳本さんのことを実家に行って、兄弟親戚縁者にリポートしているわけです。 日記に沿って、現代語で読んでみます。

4月4日 日高川を渡って 道成寺にお参りする。その後、念仏行者徳本さんの出身地 志賀村(しがむら)を訪ねた。 4月6日 大江村(だいえむら)を出発し、徳本さんの妹の家に立ち寄ったところ、法事中で食事をよばれ、一晩宿泊した。 4月7日 上志賀村(かみしがむら)徳本さんの生家、兵助と云う家に行く。 徳本さんの親は三太夫と云い、兄弟は7人、男2人女5人で、1人欠けて今6人がいる。 徳本さんは俗名重助と云い、弟はお坊さんになったが体調を悪くして実家に戻っている。

徳本さんについて聞いてみると、4歳の頃から子供同士では遊ばず、6歳の頃から東の山の上の1坪位の岩穴で念仏を唱えていた。16歳頃には皆に知られるようになり、どこにいても念仏を唱えるようになっていた。お唱えする時 鉦鼓を鳴らしていたが、隣のお坊さんに咎められ、それからは木っ端を打つようにした。その使い古しを皆がほしがり持って行ったので今は何も残っていない。徳本さんは横になって眠ることをしなかった、眠くなると机に寄掛り、目が覚めればすぐ念仏を唱えた。23歳で親と死別し、一層念仏を唱えるようになった。26歳の時 妹に養子を迎え、徳本さんは出家して僧侶になった。

千津川の川辺に小さなお堂を建て 昼夜念仏三昧し5年間薄物1枚で通し、食するものは五穀以外の物だけでした。 出家する前は皆が草刈りに出る頃には終えて戻り、田畑が害虫で被害を受けても「虫も天地の間の物なれば、食せずにはおられまじ、腹一杯食したならば、止むべし。これを殺す事は罪なり。」とそのままにした。しかし収穫時には皆と同じ収穫が得られた。 また近くの地蔵堂に朝晩毎日お参りを14・5年欠かさず続けた。 子どもの頃から念仏ばかり唱え、読み書きはできなかった。「南無阿弥陀仏」も絵を見るように唱えていた。これは法然上人の一枚起請に叶った念仏行である。 徳本の噂が広がり遠近から参る人が多く、修行が出来ないと20キロ程山奥に入り修行するようになったある日、8代紀州元藩主徳川重倫(しげのり)公から呼び出しがあったが行かなかったので、重倫公は狩りを口実に徳本を訪ねた。重倫公が「お前は何者か」と徳本に尋ねた、徳本は「私はご領内日高郡上志賀村の百姓三太夫の倅で重助と云い、今は徳本と名乗り浄土宗の僧侶です」と答える。何故ここにいるのかと問えば「私は身分も低く、その上愚痴闇昧(ぐちあんまい)で何もわからず残念なので一度人間らしくなりたいと、子供のころから念仏申し、今に至っています。」と答える。 本当の人間らしいとはどのような人を云うのかと、重ねて問うと「あなたのような人々を云います。高い身分に生まれることは天爵、高い位につくことは人爵、よって欲もなく思いどおり、心のままに暮らす事。このように一度なりたい為に苦しい行をしています。」と答える。 重倫は何も語らずその場を立ち去った。その後重倫の暴君ぶりも納まり、思いやる心を持つようになった。

徳本さんはその後、50歳で和歌山に出、それから摂津の勝尾寺へ移り、いま江戸にいて61歳になる。このように兄弟や近所の人から聞きました。

これらの話を聞いてから徳本さんが幼いころ毎日念仏申していた岩穴を見に行ったが何も印が無いので、草を刈り石で拝むところを作り、大ヘチの玉島というところから1尺位の黒色の丸い石を持ってきて置いておきました。

いささか長くなりましたが、上記のように徳本さんをリポートしています。1818年に徳本上人は亡くなっています。ここの碑はその2年後に建てられています。彼の死後も生前に書かれた「南無阿弥陀仏」は信者に配られました。この碑は彼がここに立ち寄った時に書かれたものか、或いは徳本上人を慕って参拝した郷土の人によって地域に建てられたものと思われます。

歳月によって剥がれた部分もありますが、彼の威徳を想い、地域の人々の西方浄土信仰を想いながらお参りしましょう。

img_2530    img_2527 徳本上人の石碑img_2534 観音寺と集会場