静岡県西部遠江三十三観音霊場保存会の公式ホームページです

寺院からのお知らせ

気まぐれな巡礼案内⑥

投稿日:2017/01/17 カテゴリー:瀧生山 永寳寺内慈眼寺

31番 紅梅山菊水寺です。場所は掛川市岩滑(いわなめ)、30番の青木寺も同じ旧岩滑村で直線距離にして西に500m位でしょうか。山裾に沿って十軒足らずの民家があり、最も奥まった一段高いところにのどかに広がる田を眺めるように観音堂は建っています。この辺りを小字名「印南前(いんなまえ)」と云い、後に触れますが様々な謎を提供しています。

寺の入口西側に「中島家」があり観音堂を守り続けています。この「中島家」の系譜に5代目安重(1633~1710)(俗名右兵衛または宇兵衛或いは賢道)「寛文12年(1672)10月菊水寺を建てて木像を安置する」。続いて6代目致齋(1661~1729)(幼名宇兵衛・和泉)「元禄4年(1691)この年より菊水寺のお堂をつくる」とあります。その後享保7年(1722)菊水寺観音開帳との記述があります。伝承の「寛文12年の大洪水で本尊が流されたこと、元禄4年お堂建立のこと」共に正確に伝承されていると思われます。

遠江観音霊場の草創期、寛文12年「菊水寺を建てて木像を安置する」との記述はかなり重要と思われます。中島家の5代目・6代目は幕藩体制が浸透し、近世の村が形成されてきたこの時代に、各村の精神的拠り所となる氏神様を多く祀り始めます。

例えば 寛文10年(1670) 八幡宮再建

寛文12年(1672) 若宮山王権現建立

延宝 7年(1679) 天神社再建

元禄 5年(1692) 若宮山王権現再建   以上は5代目安重

貞享 4年(1687) 八幡宮再建

貞享 4年(1687) 新野村岩箇谷弁財天宮建立

元禄 8年(1695) 八神神殿再造(西尾の帰依を受ける)

元禄12年(1699) 中方村金山権現再造

元禄13年(1700) 赤土村氏神三社造営

宝永 4年(1707) 新野村阿須加大明神、王子権現、八幡宮遷宮

宝永 6年(1709) 岩滑村金山社勧請

宝永 7年(1710) 天神社再造  以上は6代目致齋

等、多くの神社造営に関わっています。勿論、村の有力者の意向を受け、その祀り込みや再建に斎主として関わっていたと捉えるべきでしょう。ただ、※安家として横須賀西尾隠岐守入城時(天和2年4月)から篤い信仰を受け、村々への影響力は絶大であったと推測されます。先記の「木像を安置する」は、この時新たに祀り始めると解すべきと思います。

※安家(あんけ):土御門家(安倍晴明の流れ)を中心とした陰陽師(おんみょうじ)を安家と呼ぶ。「中島家」初代中嶋民部(1511~1591)は陰陽職で以降12代隆直(和泉)まで続く。(明治3年、陰陽道廃止令発布)ただ、前期は修験道を兼職・11・12代は白川神道(伯王家)を兼職、その後神官となる。

さて、「印南前」ですが、地元では観音堂の前(院の前)或いは法印の前と考えているようですが、「院内(印内)前」が変化したと考えられます。印内とは※山本義孝氏によれば、本来は職業名で、大地に宿る精霊を鎮めながら自然を開拓・開発していくことを専門にした人たちのこと。半宗半俗で、後に住む土地をも印内(院内)と呼ぶようになる。印内は中世から戦国期に最も活躍をする。一方印内と似た活動を行っていた陰陽師と呼ばれれる人々もいます。戦国期末になりますと両者の区分はわからなくなっています。その後、江戸期になりますと陰陽師は京の土御門家(天社神道)が支配することとなり(1683)、その配下として続けていくこととなります。

文化2年(1805)掛川藩によって編纂された「掛川誌稿」の廣安寺の項に「天正11年(1583)の裁許状に、遠江国中の印内11カ所の地名を載せたるは、11所 気加・笠井・天竜・河合・飯田・大渕・笠原・河村・勝間田・榛原・懸川なり、今もみな在り」とし、その地区の特定もされています。ただこれらは、宗教者(民間陰陽師)集団の村と捉えると、岩滑のこの地が含まれないことは、個としての捉えか、別格扱いだったのでしょうか。

「中嶋家の初代(1511)壮年より神祇陰陽の職をもって生業とす」とありますので、陰陽師が住む場所を「印内」としたのでしょう。

なお、5代安重は修験道も兼ねていて「繫昌院」と名乗っています。土御門家が支配するまではあまり制約は厳しくはなく、支配が確定することにより、修験道(山伏)と陰陽道はそれぞれ立場を異にしていきます。

いささか堅苦しくなりましたので筆を置きます。まだまだ調査したいこともありますが、次回ということにします。徐々に巡礼案内から外れつつありますが、気まぐれということでご容赦を。

春 鶯が啼く頃 訪れて 縁側でまどろみながら昔に思いを馳せてみたい札所です。

※山本義孝:日本山岳修験学会員・日本宗教学会会員

※写真は中島家の墓・菊水寺から南の景色

IMG_2947[54] IMG_2969

20番子安山観音寺開帳のお知らせ

投稿日:2017/01/16 カテゴリー:事務局からのお知らせ

本年もよろしくお願いいたします。

20番札所 大原子 子安山観音寺様から開扉供養祭の案内が届きました。以前にもお伝えしましたが、ご予定に入れていただき是非大勢のご参詣をお願いいたします。

期日;平成29年4月2日(日)※ 午前10時~読経供養(慶雲寺住職) 開扉は17時まで

参列者ご焼香

ご詠歌奉詠・・・梅花講の皆さん

※イベント(11時頃~)〇お茶会(寸又峡の天然水で)

〇徳本上人名号碑と大原子の偉人「榛葉平治」翁寿碑の紹介

〇タイムカプセルの回収と新たな埋設 等々

※本尊如意輪観世音菩薩:戦車の車輪が転じるように、どこにでも速やかに現れ、如意宝珠を持って願いをかなえるほか、福徳と智慧、慈悲の心を増してくださる仏様で、お姿は何種類かありますが、右手を頬に添えた半跏思惟像が多くみられます。写真は24番札所の外に祀られている如意輪観音。

気まぐれな巡礼案内➄

投稿日:2017/01/02 カテゴリー:瀧生山 永寳寺内慈眼寺

24番志戸呂の岩崎観音寺です。 歩き遍路で、22番観泉寺から大雨の粟が嶽にお参りし、暮れかかる中 稲荷堂を東に入り、稲荷段の奥貝戸(おくがいと)から首切沢(くびきりざ)を通り安田(あんだ)を抜け、森の谷(もりのや)から大代(おおじろ)に向かって急いだことがありました。暗闇の中、たまたま通りかかった車に乗せていただき、岡穂平(おかぼだいら)の遠戚の家に一夜をお借りしたことを懐かしく思い出します。

 昭和60年頃、よみがえれ”信仰の道”と銘打って、茶園造成時に移動されたり埋もれたりした道標(石標)を掘り起こし、道路脇に据えようという活動が行われたことがあり、5基が見つかりました。安田から上志都呂への古道は牧之原台地の付け根を横断するため、幾筋にも道が交錯する迷いやすいところであり、たくさんの道標が残っています。 さて24番の観音寺は平成10年代の新東名高速道路工事に伴い、本堂が建て替えられ、本尊様も新しく迎えられお祀りされています。旧本尊様は向かって右側、ガラスケースに入れられ脇佛として祀られています。左手に賢瓶を持ち右手に結界印を結ぶ准提観音(じゅんでいかんのん)様と思われます。 なじみの薄い観音様ですが、西国11番醍醐寺が准提観音です。 金谷の日限地蔵尊は「学業成就」のご利益で有名ですが、童子沢(わっぱざわ)から運んだ石に地蔵尊を筋掘りした47歳の※日正上人が30歳の時に刻した下の写真、31歳で刻した写真、両方とも准提観音様です。願いによって姿が随分違ってきます。別名を七俱提佛母(しちぐていぶつも)と云い無量の諸仏の母を意味します。岩崎観音が准提観音様だとすると、どのような願いがこの札所に込められていたのでしょうか。

※日正上人(にっしょうしょうにん);明治期ハンセン病患者や悪疫に苦しんでいる人を救済し生祀にまつられた修験道行者(山伏 宮家準)。天保5年(1834)駿府で生まれ高井姓で、日正・光明院・田吾・善證を名乗る。

少し寄り道を・・・大代を下り、北に進むと新東名に沿って牛尾山があります。山頂に熊野神社が祀られ、社が隠れてしまうほどのクスの巨木が聳えています。表示板によりますと樹高35m、目通り11m、枝張り37mで樹勢は活発と書かれています。天正18年(1590)牛尾山の尾の先を切り、大井川の流れを替える「天正の瀬替え」の大工事が駿府の中村氏、遠江の山内氏のもと成し遂げられました。熊野社はこの頃に祀られたようです。

この地に残る民話に「大井川をはさんで駿府側の大クスと遠江側の安田の大シイは喧嘩ばかりしていたので、瀬替えをしてクスとシイを地続きにした。やがて地元が開墾され発展していくうちに仲直りした。」という話も伝わっています。樹齢400年以上とされています。熊野社は「梛木(なぎ)」を御神木としますので、クスと同じ場所に立っている梛木も同じ年数を経ているものと思われます。

瀬替えが竣工して4~50年後に詠まれたであろう岩崎から眺めた大井川はどんな様子だったのでしょうか・・・。

※写真は日正上人が刻んだ准提観音・24番旧本尊様・熊野社の大クス・岩崎山観音寺

img_2471img_2751img_2920img_293738img_2881